PET検査の流れ|PET検査・がん検診・健康診断なら魚住クリニックへ

PET検査の流れ|PET検査・がん検診・健康診断なら魚住クリニックへ

魚住クリニック

医療従事者の方
検診をご希望の方
0963707111
PET検査の流れ
  • PET検査について
  • PET検査の特徴
  • コース・料金表
  • PET検査の流れ

PET検査の流れ

  • PET検査の流れ

問診~画像診断概略説明

流れ 問診
  検査に先立ち問診・診察を行います。
流れ 薬剤を注射
  18F-FDGという薬剤数ccを静脈注射いたします。
(薬剤そのものによる副作用はほぼ皆無と考えられています。)
流れ 安静
  部屋(安静室)に移動していただき、約1時間リラックスして待機していただきます。この際、会話、読書等活動を控えていただきます。(注射された検査用の薬剤がのどの筋肉、眼の筋肉等病巣以外の部位に集積し、 診断を難しくすることがあるからです。)
    薬剤を注射
    安静
流れ PETカメラで撮影
  PETカメラ室で撮影します。仰臥位で通常の呼吸をしながら体動をなるべく控えていただきます。
撮影時間は約30分です。これで検査終了です。
(必要に応じて更に遅延相撮影を行うことがあります)
流れ 画像診断概略説明
 

●検診の方
検査終了1時間後に医師が画像診断結果概略を説明します。(リラックスルームで軽食)
※最終報告書は後日郵送いたします。

●医療機関から紹介で検査された方 主治医の先生より検査結果の説明をお受け下さい。

    画像診断概略説明

ご持参していただくもの

検診でご予約の方
  • 予約票
  • 問診票
  • 尿検査
  • 便潜血検査
  • 医療機関からの紹介で受診される方
  • 紹介医からの書類(診療情報提供書資料や画像フィルム)
  • 健康保険証 ・各種受給証
  • 検査費用 保険適用(3割)約3万円
  • 保険適用でない場合約10万円
  • ご検査前の注意について

    PET検査を受けられる場合には食事の制限がございます。

    検査前日
  • 食事は通常通りお摂りいただけますが、飲酒はお控えください。
  • 検査前日や当日の激しい運動は避けて下さい。
  • 検査当日

    以後はお水・お茶・白湯などの飲み物は飲めますが、それ以外の食べ物は飲食しないようにして下さい。糖分の入ったものや乳製品をお飲みになると、検査に使用する薬剤の性質上、正確な検査ができなくなります。(特にスポーツ飲料や栄養ドリンク、ジュース、牛乳、飴やガム、果物など糖分を含む物を飲んだり食べたりしないようにご注意下さい)

    • ブログ
    • 資料請求
    • 熊本の社長 魚住秀昭
    • SunWorld Kyushu

    ページトップへ